遮音性能測定

マンション、ホテル、集合住宅などの遮音性能測定を行います

近年、建築物そのものの質(機能性・デザイン性・利便性)の高さに加え、より質の高い住環境(快適性)が求められてきていますが、建物内の「音環境」への配慮も重要な指標のひとつです。
住まいの快適な音環境をつくるのためには、壁や扉等の遮音性能を上げ、外部からの騒音の侵入を少なくする必要性があります。そのため一般的には、新築マンションや戸建住宅、ホテル等の建物を建造する際、その建物の遮音性を計測します。測定方法については、JIS及び日本建築学会より発行された「建築物の遮音性能基準と設計指針」に記載されている建築学会推奨測定基準に基づいて実施します。

測定対象施設

  • マンション、ホテル、集合住宅、戸建て住宅、他

当社の遮音性能測定サービス

  • 主に、以下のような場合にご依頼を受けています。
①新築住宅、ホテルなど引き渡し前
②住宅リフォーム後などの遮音性能確認
①室間音圧レベル差測定

壁を隔てた隣同士の居室において、一方を音源室としてホワイトノイズ(またはピンクノイズ)という特殊な音を室内で均等になるよう発生させ、もう一方の受音室で測定・分析することによって、室間の遮音性能を把握します。

 

②床衝撃音測定

マンション等の床を隔てた居室において、上階を音源として軽量衝撃音(スリッパ音等想定)や重量衝撃音(子供飛び跳ね音等想定)を発生させ、下階において測定・分析することによって、床間の遮音性能を把握します。

 

③室内騒音測定

建物や室内の設備から発生する音を測定します。

測定結果をもとに、適用等級(特級~3級)として評価します。建物や部屋の用途別に要求される適用等級が当てはめられており、住宅やホテルなどは、事務所などと比較してより高い水準が求められます。

 

①室間音圧レベル差に関する適用等級

建築物室用途部位適用等級
特級1級2級3級
集合住宅居  室隣戸間界壁
 〃 界床
D-55D-50D-45D-40
ホ テ ル客  室客室間界壁
 〃 界床
D-55D-50D-45D-40
事 務 所業務上プライバシ
を要求される室
室間仕切壁
テナント間界壁
D-50D-45D-40D-35
学  校普通教室室間仕切壁D-45D-40D-35D-30
病  院病院 (個室)室間仕切壁D-50D-45D-40D-35

②床衝撃音レベル差に関する適用等級

建築物室用途部位衝撃源適用等級
特級1級2級3級
集合住宅居  室隣戸間界床重量L-45L-50L-55L-60,L-65
※)
軽量L-40L-45L-55L-60
ホ テ ル客  室客室間界床重量L-45L-50L-55L-60
軽量L-40L-45L-50L-55
学  校普通教室教室間界床重量L-50L-55L-60L-65
軽量
※ 木造、軽量鉄骨造またはこれに類する構造の集合住宅に適用する。

 

③室内騒音に関する適用等級

建築物室用途騒音レベル (dB)騒音等級
1級2級3級1級2級3級
集合住宅居室354045N-35N-40N-45
ホ テ ル客室354045N-35N-40N-45
事 務 室オープン事務室404550N-40N-45N-50
会議・応接室354045N-35N-40N-45
学  校普通教室354045N-35N-40N-45
病  院病室 (個室)354045N-35N-40N-45
コンサートホール2530-N-25N-30-
劇場・多目的タジオ3035-N-30N-25-
録音スタジオ2025-N-20N-25-

 

④適用等級の意味

適用等級遮音性能の水準性能水準の説明
特級遮音性能上とくにすぐれている特別に高い性能が要求された場合の性能水準
1級遮音性能上すぐれている建築学会が推奨する好ましい性能水準
2級遮音性能上標準的である一般的な性能水準
3級遮音性能上やや劣るやむを得ない場合に許容される性能水準
PAGETOP
Copyright © 環境テクノス株式会社 All Rights Reserved.