騒音・振動(交通量)調査

古くて新しい環境問題 ~騒音・振動~

データ解析

騒音・振動は、私たちが快適に暮らしていく上で必ず生じるものですが、その物理的特性の他に、受取側の感覚や主観などに左右されることが大きな特徴です。そのため、感覚公害とも呼称されており、典型七公害の中でも苦情数が多い項目の一つになります。また、人の可聴域にない超低周波音(低周波音)は、疫学的な健康被害が危惧されており、これについての究明が急務となっています。

当社は、様々な発生源を対象に測定を行っている他、苦情対応測定、建築物の遮音・音響測定、インテンシティ測定、不明音・振動・低周波音の究明、周波数解析、FFT分析などの実績があります。測定には、経験豊富な人員が携わるため、精度の高い測定データを担保いたします。また、必要に応じて各種シミュレーションを絡めることで、リスク管理や環境保全対策の立案などのコンサルティングも行います。

調査対象

一 般 特定工場、建設作業、道路(自動車)、航空機、鉄道(新幹線、在来線)、発電所(ボイラー、ダム、小水力、風力設備)、中間処理施設、最終処分場、清掃工場、造成地、港湾、船舶、他
その他 建設物の音響、遮音(Dr、Nr、Lr、(LH、LL)、建具・サッシ性能(T)、各種パワーレベル測定、大店舗法関連、不明音・振動・低周波音、他

測定項目

騒音・振動 騒音(音圧)レベル、振動(振動加速度)レベル、加速度、速度、変位、低周波音レベル、周波数解析(1/1,1/3オクターブバンド周波数分析、FFT分析)、音響インテンシティ、地盤卓越振動数、他
関連項目 交通量調査、渋滞長調査、速度調査(プローブ調査)、信号現時調査、道路施設等現況調査、パーソントリップ調査、各種アンケート調査、他

環境基準等

環境基準等
  • 騒音に係る環境基準について(H10環告64)
  • 航空機騒音に係る環境基準について(S48環告154)
  • 新幹線鉄道騒音に係る環境基準について(S50環告46)
  • 騒音規制法(S43法律98)
  • 特定工場等において発生する騒音の規制に関する基準(S43厚・農・通・運告1)
  • 特定建設作業に伴って発生する騒音の規制に関する基準(S43厚・建告1)
  • 振動規制法(S51法律64)
  • 振動規制法施行規則(S51総令58)
    ・特定建設作業の規制に関する基準(別表第1)
    ・道路交通振動の要請限度(基準)(別表第2)
  • 特定工場等において発生する振動の規制に関する基準(S51環告90)
  • 主な業務経歴

    クライアント 業務
    北九州市 平成25年度 須麿園南原曽根線交差点改良工事に伴う騒音振動検証業務委託
    平成28年度 若園重住1号線道路振動調査業務委託
    平成28年度 環境調査業務委託
    福岡市 平成28年度 自動車騒音常時監視業務委託
    福岡県 平成26年度 福岡県航空機騒音調査解析業務
    古賀市
    中津市、豊後大野市
    豊後高田市
    平成27年度 自動車騒音面的評価業務
    朝倉市、筑紫野市
    国東市、由布市
    豊後大野市
    平成28年度 自動車騒音面的評価業務
    国土交通省 平成28年度 別府港湾騒音・振動調査
    平成28年度 北九州国道管内交通状況調査
    PAGETOP
    Copyright © 環境テクノス株式会社 All Rights Reserved.